HOME >> サンタ・プロジェクト >> 事業報告:平成28年度事業計画

サンタ・プロジェクト 外国籍児童就学支援事業

事業計画:平成28年度事業計画書

外国籍児童の教育の機会及び福祉の増進を図るために次の事業を行ないます。


交付事業

(1)外国籍児童就学援助金

母国語教室に就学する外国籍児童・生徒の就学について、月額2万円を支給する特別援助金と月額1万円を支給する普通援助金を交付します。
特別援助金と普通援助金の交付対象者は概ね30名とします。


(2)母国語教室整備助成金

外国籍児童・生徒の就学環境を充実させるための母国語教室の施設、設備、備品等の整備事業に対して助成を行ないます。
1校当り20万円を限度とし、年1回交付します。


(3)教科書購入助成金

外国籍児童・生徒の経済的負担となっている教科書購入費の一部を助成します。
学齢期の児童のうち、教科書を購入する児童・生徒に対し、1人当たり年間1万円を限度に予算の範囲内で助成金を交付します。


(4)日本語指導教室支援事業

外国籍児童が公立学校に就学できるよう日本語による学習言語の習得を支援する取組みなどを行っているボランティア団体、NPO団体等に対して事業補助を行ない、同種の取組みを県内各地に広め、外国籍児童の未就学の解消や就学の継続支援を目指します。


1事業当り10万円を限度として交付します。

  • 【事業例】
  • ・公立学校への入学体験事業
  • ・小学生 ― 学校の教科学習の復習支援事業
  • ・中学生 ― 生徒のニーズに対応した個別学習支援事業
  • ・日本語学習言語習得補助事業  など

(5)母国語教室在籍児童・生徒の健康診断事業

ブラジル人学校に在籍している児童生徒の健康診断費用への助成を行います。
・医科健診 など



教材・機器等の提供

母国語教室及び日本語教室等外国籍児童の就学支援活動を行っている団体が必要としている教材、機材等を県民のみなさんからご提供していただき、提供のコーディネートを行います。



啓発事業

(1)賛助会員加入促進のため、次の活動を行います。
  • ・経済団体のご協力を得ながらチラシを配付するなど、賛助会員加入の呼びかけを行います。
  • ・法人賛助会員のご芳名をホームページに掲載し、賛助会員の社会貢献をPRします。
  • ・しおりやチラシを作成し、賛助会員に本活動のPRを行います。

(2)外国籍児童・生徒の不就学の状況を理解していただき、サンタ・プロジェクトにご協力をいただくために次の活動を行ないます。
  • ・年間を通じ、県内各地においてしおりやチラシを配布するとともに、一般寄付募集や街頭募金活動を行います。
  • ・イベント会場等に出向き、PRを行ないます。
  • ・県、市町村広報や市民新聞等を活用してPRを行ないます。
  • ・母国語教室と地元小中学校や地域住民との交流を推進します。
  • ・希望する母国語教室に対し、社会見学等学校行事の支援を行います。

その他
  • (1) 各方面と連携して、母国語教室の安定的な運営にて向けて相談・支援を行います。
  • (2) 母国語教室の現状を把握し、適切な指導を行うため、企画・審査委員等による母国語教室の現地視察を行います。


平成28年度外国籍児童就学支援事業収支予算書 
(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)

収入の部

(単位:千円)

科 目 28年度 前年度
(27年度)
増 減 備 考
1.寄付金収入 2,500 2,500 0 一般寄付、募金
2.会費収入 1,130 1,000 130 賛助会費
3.負担金収入 1,000 1,000 0 長野県
4.雑収入 2 2 0 受取利息
当期収入合計(A) 4,632 4,502 130  
5.前期繰越 7,441 5,660 1,781  
収入合計(C) 12,073 10,162 1,911  


支出の部

(単位:千円)

科 目 28年度 前年度
(27年度)
増 減 備 考
【事業費】 9,300 3,840 5,460
1.交付金 8,440 2,980 5,460  
就学援助金 2,200 1,800 400  
整備助成金 400 320 80 20万円×2校
教科書購入助成金 340 320 20 1万円×34名
日本語指導教室支援事業 500 140 360 1事業10万円限度
母国語教室健康診断事業 500 400 100
日本語学習コーディネート事業 4,500 0 4,500
2.啓発事業 240 240 0
交通費 40 40 0 啓発事業に係る旅費
消耗品費 100 100 0 啓発用グッズ等
印刷費 100 100 0 チラシ、しおり
3.給料手当(ANPI会計へ) 320 320 0 事務処理経費に係る人件費
4.委託費 50 50 0 HP管理費委託
5.審査会費 10 10 0 会議室使用料
6.消耗品費 20 20 0 資料印刷費、振込用紙
7.通信運搬費 200 200 0 ヤマト郵送費、振込手数料ほか
8.調査費 20 20 0 母国語教室視察旅費等
当期支出合計(B) 9,300 3,840 5,460  
当期収支差額(A-B) △ 4,668 662 △ 5,330
次期繰越金(C-B) 2,773 6,322 △ 3,549  
支出合計 12,073 10,162 1,911